バッファローは、1975年創業(旧社名:株式会社メルコ)のパソコン周辺機器メーカー。
愛知県名古屋市に本社を置き、パソコン用メモリ、ストレージ、ネットワーク、ディスプレイ、マルチメディア関連機器を中心に玄人志向のブランドとして自作パソコンの上級者向け製品も販売しています。
日本国内の2大メーカーの一つですので。同じブランドとして幅広く相性のいい部品を取り揃えることができるので、自作パソコンマニアには重宝します。

パソコンライフ初心者のかたに予備知識メモリーについて、パソコンを早く動かすために、データを電気的・一時的に保存しておく場所が「メモリー」です。
データを保存するパーツには「ハードディスク(HDD)」がありデータを長期的に保存するのに適しています。
しかし、カセットテープやビデオテープのように磁気によって物理的にデータを読み書き込みするので処理に時間がかかります。
ハードディスク(HDD)とCPUがデータをやり取りしていては、パソコン全体の動作も遅くなってしまいます。
そこで「メモリー」の存在が必要になります。

容量がたくさんあればあるほど、パソコンはたくさんのソフトをまとめて動かすことができます。
PCゲームなど大容量のソフトを速く安定して動かすのに必要になってきます。
もし使用中にメモリ容量が足りなくなってしまうと、パソコンはメモリに記憶できない分をハードディスクに書き込んで補おうとします。
動作の遅いハードディスクから直接データを読んだ場合、パソコンの動作は重く読み出し速度も一定でないため不安定になってしまいます。
ハードディスクがガリガリ動いて読み出しをしている状態を「スワップ」と言います。
スワップが発生してもパソコンをそのまま使い続ける事は出来ますが、やはり快適とは言えない群馬県ブラック企業ランキングな状態となります。
ですから、「メモリー」は2つつけるのが最適だと思います。